ゼファルリンの効き目を支える配合成分

ゼファルリンの効き目を支える配合成分

ゼファルリンが男性器を大きくするメカニズムを、配合成分から説明します。最も特徴的な配合成分は、L-シトルリンです。シトルリンはアミノ酸の一種で、血流改善効果があります。男性器は海綿体というスポンジ状の組織に血液がたまることで大きくなります。血流がアップすれば、海綿体を満たす血液も多くなり、男性器のサイズもアップするという仕組みです。ゼファルリンを継続して服用することにより、性交時でなくても男性器が大きくなったと感じる人が多いようです。
もう1つ、L-トリプトファンという成分もポイントです。海綿体の血流量が男性器の大きさに関係すると説明しましたが、その血液が流れる毛細血管が細かったり、数が少なかったりする場合は、血流量が増えても意味がありません。L-トリプトファンには、毛細血管を拡張する作用があります。毛細血管が太くなれば、そこを流れる血液の量も増えるので男性器のサイズアップを実感できるでしょう。毛細血管の量を増やすのは、成人ではなかなか難しいのが現実です。なぜなら、毛細血管を増やすには成長ホルモンが必要ですが、30歳前後から成長ホルモンの分泌量は減少してしまうからです。ゼファルリンは、成長ホルモンの合成を促す成分も配合しています。まさに至れり尽くせり、全方位から働きかける配合成分です。